伝えたいおふくろの味
   

メッセージ

渡辺貞子
渡辺 貞子
(わたなべ ていこ)
昭和3年9月15日生まれ 74歳

 終戦後58年。めまぐるしく時代は変わり、その中でも食文化を考えた時、本当にこれでいいのだろうかという思いを常に感じています。

  「飽食の時代」などともてはやされ、24時間営業のコンビニやレストランに行けば、何でも手に入り食する事ができる時代となりました。子供達の食生活の乱れは、将来大人になった際の自分の体に病が早く訪れると危惧されている面もあります。また料理が苦手だからと外食やインスタント食品を多く与えている親がいらっしゃる事も心配しています。

 私は「おふくろの味」が「お」のとれた「袋の味」になってしまう事を恐れています。このままでは、親の与える「袋の味」に慣れ、添加物や化学調味料の味がおいしいと感じてしまう事が当たり前の味覚になってしまうのではと不安でなりません。

  特に10代から30代のおかあさんへ。地元で取れた食材を使い愛情という調味料で味付けした家庭の味、年中行事で作られていた郷土の味を忘れないでください。おふくろの味を子や孫まで伝えていきたい。それが私の最後の仕事だと思っています。




−転載・リンク等について−

このホームページで掲載されている内容は、私が胆沢町より広報誌への情報掲載委託を受け、1998年4月から2002年2月までの胆沢町広報に掲載された内容に基づき制作されております。

◆転載・引用について
当サイトに掲載されている文章、写真の著作権は、当店またはその作成者に帰属いたします。無断転載・引用を禁じます。
◆リンクについて
当サイトは基本的にリンクフリーです。リンクの際は必ずトップページ http://www.vividlife.jp/ofukuro にお願いいたします。リンクしていただける場合は、ぜひご一報ください。


Copyright(c)2003 OFUKURO/Vivid LIFE All RIghts Reserved.