伝えたいおふくろの味
   

レシピ
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2月vol.1 【ひな寿司と甘酒】
ひな寿司と甘酒

●この料理について
3月3日は桃の節句。女の子の成長と幸せを願い、お雛様を飾りお供えしました。いっしょに歌を歌ったりすることは、成長して親となったときに思い出す、大切な思い出として心に残ることでしょう。

●ひな寿司材料
干し椎茸、かんぴょう、人参、油揚げ、卵、さくらでんぶ、鮭、きゅうり、れんこん、紅生姜、のり
●甘酒材料
餠米、麹

●作り方:ひな寿司
1. 寿司飯は、熟いご飯に暖かい合わせ酢(酢、砂糖、塩を入れ沸騰させずに溶かしたもの)をふりかけ、切るように混ぜる。
2. 1.の寿司飯に甘煮(干し推茸、かんぴょう、人参、油揚げ)の半分を混ぜ合わせる。
3. 2.の上に、錦糸卵、さくらでんぶ、焼いてほぐした鮭の身、キュウリの薄切り、茹でて酢でしめたれんこん、残り半分の甘煮を飾り、紅生姜、のりを散らしてできあがり。

●作り方:甘酒
1. 餅米にたっぷりの水を入れゆるいお粥にする。
2. 1.のあら熱をとって、麹をほぐしながらよく混ぜる。
3. 2.を60度位で約12時間温める。
2月vol.2【ひし餅】
ひし餅 ●この料理について
桃の節句に、手作りのひし餅をお供えしてみませんか。

●材料

もち米の粉、うるち米の粉、砂糖、(以上4対4対1の割合)食紅(赤、緑)少々、こしあん(適宜)

※ 今回はあん(こしあん)を間に挟んでみました。
●作り方
1. ボウルにもち米の粉とうるち米の粉を入れ、熱湯を注いで手で混ぜ合わせる。耳たぶより固めにこねる。
2. 握りこぶしくらいの大きさに分けて蒸し器で透明になるまで(約10分間)蒸す。
3. あら熱をとりボウルに戻し、砂糖を入れて手でよくこねる。
4. 3.の餅を三等分し、一つは赤、一つは緑の食紅で色をつける。(白、赤、緑の三色の場合)
5. それぞれをのして、重ねてからひし形に切る。時間をおいて少し固くなってから切ると切りやすい。
Copyright(c)2003 OFUKURO/Vivid LIFE All RIghts Reserved.