伝えたいおふくろの味
   


1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

5月vol.1
【厚揚げのとろろあんかけ】
【野びろっこ(アサツキ)の酢味噌和え】

厚揚げのとろろあんかけ ●この料理について
  あつあつの厚揚げをほおばると、とろとろの喉ごしの良さに驚かされます。つい、箸を動かす回数が増える食べやすさ。自宅で簡単にできる、酒のつまみにいかがでしょうか。

●材料
厚揚げ、とろろ、海苔、わさび少々、アサツキ、味噌、酢、砂糖、だし汁(適宜)、おから、ゴボウ、ニンジン、タマネギ、鶏肉、キャベツ
●作り方:厚揚げのとろろあんかけ
1. 市販の厚揚げを煮立ったお湯に入れる。
2. その間、とろろをすり、きざみ海苔も用意する。
3. 厚揚げの中に火がとおったと思ったらお湯から取り出し、食べやすい大きさに切る。
4. 先に用意していたとろろを、あつあつの厚揚げにかけ、きざみ海苔をのせる。
5. 最後にわさびを少々添えたら出来上がり。

●作り方:野びろっこの酢味噌和え
1. アサツキを洗い、湯がく。
2. 味噌、酢、砂糖、だし汁を適度に混ぜ酢味噌をつくる。
3. アサツキを丁度の大きさに切り、酢味噌と和え出来上がり。

今回はこのほかに、野菜がたくさん入っているおから煮を添えてみる。野菜等はゴボウ、ニンジン、鶏肉、タマネギ、キャベツなどが入っている。
5月vol.2【アクのある山菜のゆで方】
●ちょっと耳ヨリ
「身土不二」しんどふじ
中国に昔から伝わる言葉で、その土地でとれたものをその旬に食べるのが体に最もいいという意味です。胆沢の豊富な山菜、野菜がおいしく食べられる季節を迎えました。

●材料
水、米ぬか、唐辛子、タケノコネ
水、ワラビ、重曹、
●作り方:タケノコ
1. 鍋に水をはり、米ぬかとちぎった唐辛子1本分、皮付きのまま縦に切れ目を入れたタケノコを入れて、水から約1時間ゆでる。
2. 鍋に入れたままで冷ます。
3. 皮をとって水にさらす。

●作り方:ワラビ
1. 鍋にワラビを入れ、重曹をふりかけ、たっぷりの熱湯をかける。
2. そのまま冷ます。
3. 水を何度か取り替えます。この状態だとまだちょっと堅い状態です。煮物、炒め物などまた熱を加えるような調理にはこのまま使えます。お浸しであれば食べる直前に一煮立ちするまで火にかけてください。
Copyright(c)2003 OFUKURO/Vivid LIFE All RIghts Reserved.